【便利】海外での携帯電話・スマートフォンの使い方!

【便利】海外での携帯電話・スマートフォンの使い方!

海外でインターネットを使う方法

いくつか方法があるかと思いますので、それぞれのメリット・デメリットを中心に、

使用方法などもご紹介できればと思います。

日本の会社のポケットwifiを契約して使う

◆出国前の契約が必須!

イモトのWifiなど、日本で契約できるポケットwifiの企業はかなりの数があります。
使用する国によって金額が異なります。
1日数百円~1000円程度かと思います。

メリット
◆ご自身の携帯電話がそのまま現地で使える
◆特別な設定等が不要
(日本でwifiを使用するときの同じ方法で可能)

デメリット
◆出発前に契約が必要※空港での受け取り等
◆ポケットwifiの電池が持たない
◆レンタル費用が高い
◆複数の国に行く場合、1か国につき1台必要
◆荷物が増える

日本のキャリアでそのままローミングして使う

◆費用が高い!

softbankやDocomoなどのキャリアをそのままローミングして使用することも可能です。1日2000円~3000円程度で使用が可能です。
事前に各キャリアで申し込み、現地の指定のキャリアに接続する形です。
手動でキャリアを指定しないと、定額設定が使えないケースもあります。

メリット
◆simの差し替え無しでそのまま使える
◆ローミングをオンにして、キャリアを設定するだけで他は設定不要
デメリット
◆費用が高い(1日2000円~)
◆キャリアの設定を間違えると定額制が使えない(高額請求の場合がある)

現地のsimを契約して、使用する

◆simフリーの携帯電話が必要!

日本のキャリアで購入する携帯電話は基本的にsimロックの状態です。現在は政府の方針で、simロックの解除が可能となっておりますので、全ての携帯をsimフリーの携帯電話として使えます!

メリット
◆各国のキャリアと契約するので、格安で携帯電話を利用できる
◆simカードを入れ替えるだけで、利用が可能
◆現地の電話番号も取得可能なので、電話もできる
デメリット
◆事前にsimフリーの設定が必要
◆格安simを利用している場合、APNの設定の必要がある場合がある
◆現地でsimを購入しなければならない※Amazon等でも購入可能
◆購入するときに少し、英語等が必要

現地でwifiを借りる

◆日本で借りるの忘れた場合もok!

空港には必ずsimの販売ショップと、wifiのレンタルを行うショップがあります。
simのお店では、wifiが借りれない場合もありますが、探せばありますので忘れても安心です。

メリット
◆基本は日本で借りるのと同じ
◆日本より安く借りられる可能性がある

デメリット
◆こちらも日本と基本は同じ
◆空港で、店舗を探さないといけない
◆借りるのに語学が必要
◆帰国前に空港で返却の必要がある

無しでそのまま、現地のフリーwifiで!

◆比較的使えるが、いざという時は使えない!

空港・ホテル・カフェであればほとんどの国でwifiが使えます。しかし、スターバックスだと時間制限があったり、速度が遅かったりと使いにくい場合もあります。ホテルもランクによってはかなり低速ですので、注意が必要です。

メリット
◆費用はかからない
◆特別な設定は不要

デメリット
◆街中でネットが使えない
◆使うときは、カフェなどにいかないといけない

個人的におすすめは現地のsim契約です!

simフリーにしておけば、どこの国でも携帯が利用できます。

特にiPhoneであれば、受信できる周波数も多いため、どの国でも利用できるので、

コストや利用面を考えても一番ベストです。

中国などは、国の規制でInstagramやFacebook、Googleなどが利用できないので、

その場合は、少し対策が必要ですが、基本的には便利です。

海外でのおすすめsimカードや、中国でも対応策はまた、後日記載します。